九州大学病院精神科
行動療法研究室

Kyushu University Hospital
Laboratory of Behavioural Therapy ,Department of Psychiatry


行動療法研究室では、 強迫性障害を 中心として 社会不安障害パニック障害といった
不安障害についての治療と研究活動を行っています。


ため込み障害についてのページ
福岡市精神保健福祉センターの『こころの健康だより』に
当研究室の中尾の記事が掲載されました!
『こころの健康だより』第44号


強迫性障害(強迫神経症)とは

強迫神経症の知識や「強迫観念・行為」、治療経過の例についてご紹介しています。




お問い合わせはこちらのメールアドレスまで

九大行動療法研究室 bt@npsych.med.kyushu-u.ac.jp

なお、質問に対する回答は、強迫性障害の診断や治療についての一般的な回答にとどまることを、ご了承下さい。
実際にお会いすることなくメールにて診断や治療について個別に具体的なアドバイスを行うことには限界が有り、
責任を持ったお答えができないと考えております。

6518Hit (since1998/04/28)
最終更新日:15/05/25