警告!

この ホームページ上の強迫性障害に関する説明や図は、肥前精神医療センター(現:吉井こころのホスピタル)の
飯倉康郎先生の「強迫神経症の手引き・導入編」を元に構成しており、
その著作権はすべて飯倉康郎先生及び九州大学病院精神神経科行動療法研究室にあります。
このホームページの全部もしくは一部の無断での複製、転載を禁じております。
転載もしくは引用される方は、必ずあらかじめご連絡下さい。



強迫性障害(強迫神経症)とは?

 

 強迫性障害(強迫神経症)という病気の名前を聞いたことのある方は少なくないでしょう。

 しかし、実際にはどんな病気なのかよく理解している人はまだまだ少ないようです。

 また、自分でもこんなことをしていて病気じゃなかろうかと不安に思っていても、

 人に聞くわけにもいかず、一人で悩んでいる人も多いようです。


 ひと昔前は治療が難しいと言われていた強迫性障害(強迫神経症)ですが、

 最近の研究や行動療法の発展にともない 治る病気 であることがわかってきました。

 しかし、自分の性格の問題で病気ではないのではないかと

 病院に行くことに躊躇する方も多いようです。

 病気の治療には患者さん自身の病気についての知識や治療法についての理解が必要不可欠で す。


 このホームページはそういった方々に正しい強迫神経症の知識を知っていただくために

 開設いたしました。

 まずは正しい知識から始めましょう!