強迫性障害(強迫神経症)とは?

【2】強迫神経症の症状について その2

  強迫症状には強迫観念強迫行為の2つに分かれます。 ここでは強迫行為について説明します。

(2)強迫行為
 強迫観念による不安や恐怖や不快感を一時的に 軽くしようとする行為(行動)です。 何度も手を洗ったり、鍵をかけたか電気を消したかなどを何度も確かめるというような繰り返しの行為や完全にこの通りにしないと安心できないという儀式行為などがあります。

次は代表的な強迫行為の例です。自分にどれがあてはまるかチェックしてみましょう。

★掃除と洗浄に関する強迫行為

★確認(自分で何度も確かめる、人に何回も尋ねる)に関する強迫行為

★その他の強迫行為

《《《前にもどる 
次へ進む》》》
ホームページにもどる